【スポンサーリンク】

レイカーズがトレードでゴードン・ヘイワード獲得を狙う?

レイカーズがトレードでゴードン・ヘイワード獲得を狙う?

NBAプレイオフ進出を逃すなど散々なシーズンを送ったロサンゼルス・レイカーズは、オフシーズン中にロスターを再編すると見られている。

その中で最も注目されているのは、ラッセル・ウェストブルックの去就だ。

ウェストブルックは先日、来季のプレイヤーオプションを行使すること示唆したわけだが、レイカーズはウェストブルクをトレードで放出するプランを立て始めているのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、レイカーズはウェストブルックをトレードで放出し、シャーロット・ホーネッツの元NBAオールスターフォワード、ゴードン・ヘイワード獲得に動く可能性があるという。

ウェストブルックのトレードには複数のNBAチームが関心を持っていると噂されている。

ホーネッツはそのうちの1チームだ。

ホーネッツではマイルズ・ブリッジズが中心選手のひとりに成長したこともあり、役割が減少しているヘイワードは環境の変化を望んでいると噂されている。

だが、ここ数年のヘイワードは怪我に苦しんでおり、試合に安定して出場することができていない。

今季のレイカーズは怪我に泣かされただけに、ヘイワードの獲得は大きなリスクになるだろう。

とはいえ、ウェストブルックをトレードで放出できるという点で考えると、このトレードが実現する可能性は十分あるのかもしれない。

なお、ヘイワードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数49734
平均出場時間31.931.1
平均得点15.915.6
平均リバウンド4.64.5
平均アシスト3.63.5
平均スティール1.01.0
平均ターンオーバー1.72.0
FG成功率45.9%45.3%
3P成功率39.1%37.1%
フリースロー成功率84.6%82.6%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    年のせいでケガ増えてきたレブロンとスペ体質のADの横に同じくスペ体質のヘイワードを置く?

    LALはケガ人でロスター埋めたいのか?

  2. By 匿名

    ヘイワードならラスの方が良いだろうけど全部をラスと監督の責任にしたいフロントは意地でもトレードするだろうな。ダメならヘイワードを叩くだけだし

*

CAPTCHA