【スポンサーリンク】

アーロン・ベインズが東京オリンピックでの悪夢経験を明かす

アーロン・ベインズが東京オリンピックでの悪夢経験を明かす

元NBA選手のアーロン・ベインズは、昨年夏に開催された東京オリンピックにオーストラリア代表の一員として出場した。

だが、イタリア戦の途中で離脱し、その後全試合を欠場した。

ベインズはイタリア戦3日前のウォームアップの際にダンクを決めようとしたところ、リムで手を滑らせてしまい、頭と首を強打。

ベインズによると、その影響がイタリア戦の途中で表れ、第3Qと第4Qの間にトイレに行くと自力で歩けなくなり、ロッカールームで倒れていたという。

ベインズは当時を振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕の人生において最も孤独な時間は、あの(東京の)病院のベッドに横たわり、意識が朦朧とし、自分の人生や目標について考え、ただ泣いていた時だ。

僕の叔父であるドンは10年前に事故に遭い、四肢麻痺になってしまった。

僕の家族がそういう経験を直接したから、すごく怖くなったんだ。

ベインズが試合中にベンチに戻ってこなかったため、心配したオーストラリア代表のスタッフが確認しに行ったところ、ベインズはトイレの近くのロッカールームで倒れた状態で見つかると、壁のタオルフックで刺したと見られる刺し傷が腕にあり、ユニフォームには血がついていたという。

ベインズはすぐに病院に搬送され、検査の結果、内出血により脊髄が圧迫されていることが判明。

医師は手術が必要と考えたものの、オーストラリアの神経外科医に相談したところ、東京では一時回復のために投薬と物理療法を施し、オーストラリア帰国後に手術を受けさせることを決めたと報じられている。

東京の病院では言葉が通じず、約2週間「焼けるような、火のような、ナイフのような」神経痛に悩まされたというベインズ。

今は回復が進み、今週は東京オリンピック以降初めてバスケットボールを手にしたというベインズは、来季中にNBAに復帰することを目標にしているという。

ベインズにとって東京オリンピックは辛い思い出となってしまったかもしれないが、ベインズが健康を完全に取り戻し、NBAで暴れまわる日がやって来ることを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA