【スポンサーリンク】

レジー・ジャクソンがNBAの健康と安全プロトコルにより離脱

レジー・ジャクソンがNBAの健康と安全プロトコルにより離脱

ロサンゼルス・クリッパーズのレジー・ジャクソンが、しばらく離脱する模様。

L.A. Daily Newsによると、先発ポイントガードのジャクソンはNBAの健康と安全プロトコルにより離脱するという。

ジャクソンに陽性反応が出たのか、それとも濃厚接触者になったのかは明らかにされていない。

陽性反応が出た場合、少なくとも10日間、もしくは24時間置きの検査で2度連続陰性反応が出るまでチームに帯同することはできない。

クリッパーズの選手でNBAの健康と安全プロトコルにより離脱するのは、ベテランフォワードのマーカス・モリスに続いて2人目となる。

なお、クリッパーズはモリス離脱後にモーゼス・ライトと10日間契約を結んだため、ジャクソンの離脱に伴いあと1選手を10日間契約で加えることができる。

ジャクソンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数31659
平均出場時間32.625.3
平均得点17.212.8
平均リバウンド3.43.0
平均アシスト4.24.2
平均スティール0.70.7
平均ターンオーバー2.11.8
FG成功率39.1%42.7%
3P成功率32.9%34.7%
フリースロー成功率80.7%
(キャリアワースト)
85.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA