【スポンサーリンク】

オースティン・リバースがNBAの状況に「手に負えなくなってきている」

オースティン・リバースがNBAの状況に「手に負えなくなってきている」

NBAは現地19日、同日のデンバー・ナゲッツ対ブルックリン・ネッツ、クリーブランド・キャバリアーズ対アトランタ・ホークス、ニューオーリンズ・ペリカンズ対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、同20日のオーランド・マジック対トロント・ラプターズ、同21日のワシントン・ウィザーズ対ネッツの計5試合を延期することを発表した。

これにより今季7試合が延期されることになる。

現在60選手以上がNBAの健康と安全プロトコルにより離脱しているというが、現場で働く選手たちもこの状況に戸惑っているのかもしれない。

NBAの健康と安全プロトコルから復帰したデンバー・ナゲッツのオースティン・リバースは、現状について次のようにコメント。The Denver Postが伝えている。

正直に話すと、NBAでは少し手の終えない状況になってきている。

僕たちが何をすべきなのか、僕には分からない。

アリーナの収容人数を再び制限するのか、毎日の検査を義務付けるのか、僕には分からない。

毎日検査を受けなければならないのは間違いないだろう。

それに関してはやっていると思う。

ただ、数が恐ろしく増えてきているよね。

今のリーグにはすべての変異株が存在しているんだ。

これ以上拡大するのを防ぐために何ができるのだろうか?

問題は施設を出た時に何をするかということであり、責任を持たなければならない。

検査を受けようと、マスクをするしないにしても、ファンがいるいないにしても、家で何をしているか分からないし、外出しているかも分からない。

外出をやめさせるのか?

不可能だ。

NBAと各チームのオーナーは先日会議を開催し、「シーズンを中断させないためにはどんなことでもやる」ことで一致したという。

現在はハードシップ例外条項の特例措置などについてNBPAと議論しているというが、状況がすぐに改善することはないだろう。

ボストン・セルティックスのエネス・カンターにように、「シーズンを中断すべき」という声が出始めている中、NBAは難しい対応を強いられることになりそうだ。

なお、リバースは最初は症状が出ていなかったものの、日が経つにつれて節々の痛みや頭痛、呼吸困難の症状が出たことを明かしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA