【スポンサーリンク】

アル・ホーフォードにアウトサイドシュートを提案した人物とは?

アル・ホーフォードにアウトサイドシュートを提案した人物とは?

ボストン・セルティックスの元NBAオールスター、アル・ホーフォードは、アウトサイドシュートも撃てるビッグマンだ。

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナル第1戦では6本の3ポイントを成功させるなど、ホーフォードのアウトサイドシュートはセルティックスの快進撃の大きな要因のひとつとなっている。

NBAキャリア序盤のホーフォードはアウトサイドシュートをほとんど撃っていなかったものの、ホーフォードによると、アトランタ・ホークスのゼネラルマネージャーを務めていたリック・サンドのアドバイスがあったからこそ今があるという。ホーフォードのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

リックが「君は本当にミッドレンジがうまい。コーナースリーも撃つべきだ。そうすれば君のNBAキャリアは長く続くだろう」と言ってくれた。

僕がポストアップばかりしていたら、彼は「そんなプレイを続けていたら、このリーグでは長続きしないぞ」という感じさ。

そう言ってくれたのはリック・サンドが初めてだったんだ。

ホーフォードが本格的に3ポイントを撃ち始めたのは、ホークスでの最終年となる2015-16シーズンだ。

その後は3ポイントを大きな武器のひとつとし、36歳の今も主力として活躍している。

サイズとアウトサイドシュートがあり、ディフェンスでもハッスルするホーフォードが相手にとって厄介な選手であるのは間違いないだろう。

果たしてホーフォードはNBAファイナルの残りも精度の高いアウトサイドシュートを撃ち、セルティックスを悲願のNBAチャンピオンに導くことができるだろうか?

なお、ホーフォードの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数6918
平均出場時間29.136.5
平均得点10.212.7
平均リバウンド7.79.4
平均アシスト3.43.4
平均スティール0.70.9
平均ブロックショット1.31.5
平均ターンオーバー0.91.2
FG成功率46.7%51.9%
3P成功率33.6%46.3%
フリースロー成功率84.2%81.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA