【スポンサーリンク】

バディ・ヒールドのトレード獲得を狙うNBA3チームとは?

バディ・ヒールドのトレード獲得を狙うNBA3チームとは?

NBA屈指の3Pシューターであるサクラメント・キングスのバディ・ヒールドには、トレードの噂が浮上している。

キングスはディアーロン・フォックスとタイリース・ハリバートンを組ませ、より多くの出場時間を与えると見られているため、ヒールドをトレードで獲得したいNBAチームにとって今は絶好のチャンスと言えるだろう。

では、現時点ではどのNBAチームがヒールドのトレード獲得に動く可能性があるのだろうか?

nbaanalysis.netによると、デンバー・ナゲッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、メンフィス・グリズリーズがヒールド獲得に動く可能性があるという。

ナゲッツではNBAオールスターガードのジャマール・マリーが長期離脱中であり、マリー不在の間にアウトサイドでプレイできる選手を獲得したいところ。

NBA屈指の3Pシューターであるヒールドはうってつけの選手であり、マリーが復帰した後も重要なアウトサイドシューターとして活躍できるだろう。

また、高いパッシングスキルを有するニコラ・ヨキッチとのコンビネーションも期待したいところだ。

一方、シクサーズにはセス・カリーとダニー・グリーンという偉大なシューターがいるものの、インサイドで絶対的な存在感を放つジョエル・エンビードをより活かすためにも、ヒールドのような高精度のアウトサイドシューターを増やしたい。

NBAオールスターのベン・シモンズにはトレードの噂が浮上しているが、シモンズがいるいないに関わらず、ヒールドはシクサーズにさらなるスコアリングをもたらすだろう。

グリズリーズについては絶対的なアウトサイドシューターが不在であるため、ヒールドにとってはNBAキャリアを前に進める大きなチャンスもなる。

もちろんキングス残留の可能性も残されているが、ヒールドが今年のトレード市場において注目のひとりであるのは間違いなさそうだ。

なお、ヒールドの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数71387
平均出場時間34.328.9
平均得点16.616.0
平均リバウンド4.74.3
平均アシスト3.6
(キャリアハイ)
2.5
平均スティール0.90.8
平均ターンオーバー1.81.7
FG成功率40.6%
(キャリアワースト)
43.5%
3P成功率39.1%
(キャリアワーストタイ)
40.6%
フリースロー成功率84.6%86.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA