【スポンサーリンク】

カイリー・アービングにオールNBAチーム票を投じた唯一の人物とは?

カイリー・アービングにオールNBAチーム票を投じた唯一の人物とは?

NBAは現地24日、2021-22シーズンのオールNBAチームを発表した。

例年通り、投票結果には賛否両論あるが、妥当な選出と言えるだろう。

オールNBAチームに選出された選手は以下の通りだ。

オールNBAファーストチーム

選手所属ポジション合計ポイント
ヤニス・アンテトクンポMILフォワード500
ルカ・ドンチッチDALガード476
ニコラ・ヨキッチDENセンター476
デビン・ブッカーPHXガード460
ジェイソン・テイタムBOSフォワード390

オールNBAセカンドチーム

選手所属ポジション合計ポイント
ジョエル・エンビードPHIセンター414
ジャ・モラントMEMガード301
ケビン・デュラントBKNフォワード276
ステフィン・カリーGSWガード274
デマー・デローザンCHIフォワード184

オールNBAサードチーム

選手所属ポジション合計ポイント
カール・アンソニー・タウンズMINセンター174
レブロン・ジェイムスLALフォワード169
クリス・ポールPHXガード114
トレイ・ヤングATLガード110
パスカル・シアカムTORフォワード63

そんな中、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングにサードチーム票が1票入ったことが話題になっている。

では、今季わずか29試合の出場にとどまったアービングに対し、誰が票を投じたのだろうか?

fadeawayworld.netによると、元NBA選手のジェイレン・ローズがアービングに”間違って”投票したことを明かしたという。

僕は認めなければならない。

なぜなら、カイリー・アービングにサードチーム・オールNBA票を投じたのは僕だけだったからね。

僕は彼の才能に魅了されているが、彼に投票したのは間違いだった。

それによってトレイ・ヤングが外れなくて良かったよ。

彼のほうがふさわしい。

今季のアービングはNBA75周年記念チームからも除外されるなどし、話題を集めた。

だが、アービングの能力は誰もが知るところであり、アービングは来季をリベンジのシーズンにするに違いない。

なお、オールNBAチーム票を獲得したものの、チーム入りを逃した選手は以下の通りとなっている。

センター

選手所属合計ポイント
ルディ・ゴベアUTA45
バム・アデバヨMIA28

フォワード

選手所属合計ポイント
ジミー・バトラーMIA32
ジェイレン・ブラウンBOS3
デズモンド・ベインMEM1
クリス・ミドルトンMIL1

ガード

選手所属合計ポイント
ドノバン・ミッチェルUTA4
ミカル・ブリッジズPHX1
ジュルー・ホリデーMIL1
カイリー・アービングBKN1
デジョンテ・マリーSAS1
フレッド・バンブリートTOR1

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA