【スポンサーリンク】

レイカーズがモンテ・エリスと契約か?

レイカーズがモンテ・エリスと契約か?

ロサンゼルス・レイカーズは先日、元NBAオールスターセンターのディアンドレ・ジョーダンを獲得した。

ジョーダンと契約したことでレイカーズのロスターは保証付き契約の選手が14名となったわけだが、レイカーズはマーク・ガソルをウェイブ。

つまり、NBA2021-22シーズン開幕までに少なくともあと1人は保証付き契約の選手を加えなければならない。

その枠に入るのは、かつてNBA屈指のスコアラーとして活躍したガード選手なのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レイカーズがエリスと交渉していることを、エリスのエージェントが明かしたという。

(バスケットボールオペレーション・コーチングアソシエイトの)コーチ・ロバーツには、こう伝えたんだ。

「彼(エリス)はスターになりたいと思っていない」とね。

彼が加わることにより、歴史に残る最高のLAレイカーズチームになれるだろう。

彼がいることにより、クレイジーな状況になると思うよ。

一方、ロバーツはこう語っている。

私はモンテがどのようなタイプの選手か知っているからこそ、電話したんだ。

僕は彼の大ファンだった。

彼の過去の成果やNBAに残したものは、(レイカーズの)ワークアウトに参加した他の選手たちを凌駕している。

彼は信頼できるよ。

エリスがNBAでプレイしたのは、インディアナ・ペイサーズの一員だった2016-17シーズン。

NBAゲームから長く離れている点が懸念されるが、ペイサーズ時代はフランク・ボーゲルHCの下でプレイしたため、レイカーズのシステムにはすぐにフィットするだろう。

なお、エリスのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームゴールデンステイト・ウォリアーズ
ミルウォーキー・バックス
ダラス・マーベリックス
インディアナ・ペイサーズ
出場試合数833
平均出場時間34.8
平均得点17.8
平均リバウンド3.5
平均アシスト4.6
平均スティール1.7
平均ターンオーバー2.7
FG成功率45.1%
3P成功率31.4%
フリースロー成功率77.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA