【スポンサーリンク】

マイケル・ポーターJrが腰の手術で無期限離脱へ

マイケル・ポーターJrが腰の手術で無期限離脱へ

デンバー・ナゲッツのマイケル・ポーターJrはNBAキャリア3年目となる今季、腰の神経の問題により9試合の出場にとどまっている。

ポーターJrとナゲッツはこの問題を解決すべく、大きな決断を下した模様。

ESPNの記者によると、ポーターJrが腰の外科手術を受け、無期限で離脱することを、ポーターJrのエージェントを務めるマーク・バーテルスタインが明かしたという。

ポーターJrの離脱期間については手術後に発表するというが、今季を全休する可能性が高いと見られている。

ポーターJrは先日、手術を避ける方法を探っていると報じられた。

だが、ナゲッツはポーターJrと5年の大型契約を結んだこともあり、長期的な視点から手術を受けさせたという。

ナゲッツではジャマール・マレーがリハビリ中で、PJ・ドジャーが前十字靱帯断裂により今季全休を強いられている。

現在6連敗中のナゲッツにとって、今季はここ数年で最もタフなシーズンになりそうだ。

なお、ポーターJrの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数9125
平均出場時間29.424.6
平均得点9.914.1
平均リバウンド6.66.1
平均アシスト1.91.1
平均スティール1.10.6
平均ターンオーバー1.31.1
FG成功率35.9%51.8%
3P成功率20.8%41.9%
フリースロー成功率55.6%79.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA