【スポンサーリンク】

ユドニス・ハスレム「PJ・タッカーの働きぶりに驚いた」

ユドニス・ハスレム「PJ・タッカーの働きぶりに驚いた」

昨季をミルウォーキー・バックスの一員として過ごし、NBAタイトル獲得に貢献したPJ・タッカーは、今季をマイアミ・ヒートの一員としてプレイした。

イースタン・カンファレンス首位でレギュラーシーズンを突破したヒートは、残念ながらNBAプレイオフ・カンファレンスファイナルでボストン・セルティックスに敗れてしまったものの、タッカーの貢献は大きかったと言えるだろう。

大ベテランのユドニス・ハスレムによると、タッカーは常にハードワークする数少ないNBA選手のひとりだという。

ハスレムはタッカーについて次のようにコメント。the Miami Heraldが伝えている。

PJがどれほどハードに働くか、どれほど一貫しているか、どれほどタフか、僕は驚いた。

僕がやっているようなゲームへのアプローチを毎晩している選手は、ものすごく少ない。

PJはそのひとりなんだ。

タッカーはNBA屈指のディフェンダーであり、常にタフなディフェンスでチームを支えている。

また、ジミー・バトラーとバム・アデバヨに3ポイントシュートがないため、タッカーのコーナースリーはヒートにおいて大きなオフェンスオプションになっていると言えるだろう。

この夏にプレイヤーオプションを破棄し、FAになることができるタッカーが来季をどのNBAチームで過ごすかは分からないが、少なくともヒートは残留を働きかけるに違いない。

なお、タッカーの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数7118
平均出場時間27.928.3
平均得点7.67.9
平均リバウンド5.55.7
平均アシスト2.11.8
平均スティール0.80.8
平均ターンオーバー0.20.7
FG成功率48.4%49.5%
3P成功率41.5%
(キャリアハイ)
45.1%
フリースロー成功率73.8%68.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA