【スポンサーリンク】

デイビッド・フィッツデールACがラッセル・ウェストブルックについて「プレッシャーを取り除いてほしい」

デイビッド・フィッツデールACがラッセル・ウェストブルックについて「プレッシャーを取り除いてほしい」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターポイントガード、ラッセル・ウェストブルックは、ここ数試合精彩を欠いている。

NBAの健康と安全プロトコルにより離脱中のフランク・ボーゲルHCに代わってチームを指揮しているデイビッド・フィッツデールACは先日、ウェストブルックについて「彼は責任を感じ過ぎている」、「ひとりで背負おうとしないでほしい」などと語ったが、フィッツデールACの思いはまだウェストブルックに届いていないのかもしれない。

フィッツデールACはブルックリン・ネッツとのクリスマスゲームを終えた後、ウェストブルックについて以下のようにコメントしたという。talkbasket.netが伝えている。

アタックし続けるのが彼だ。

彼はリムにアタックし、フィニッシュする。

どんな理由であれ、彼はそれらをミスしてしまった。

彼はそれを望みすぎたのだと思う。

うまくいかないのは彼にとって辛いことだ。

彼は狂ったように気にしてしまう。

うまくいかない時もあるものだ。

我々は第4Qでレイアップを何本かミスしてしまった。

それがゲームを変えてしまった。

彼には彼自身でプレッシャーを取り除いてほしい。

彼にはアタックし続け、我々が知っている彼のプレイを続けてほしい。

今のウェストブルックは責任を感じすぎており、メンタルが適切な状態にないのかもしれない。

チームメイトたちもそれを理解し、ウェストブルックを最大限サポートするだろう。

ウェストブルックにはプレッシャーを取り除き、思うようにプレイしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA