【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスとラッセル・ウェストブルックの相性の悪さは数字が証明?

レブロン・ジェイムスとラッセル・ウェストブルックの相性の悪さは数字が証明?

昨年夏のトレードでラッセル・ウェストブルックを獲得したロサンゼルス・レイカーズには、NBAタイトル奪還の期待がかかっていた。

だが、ウェストブルックはレイカーズのシステムにフィットすることができず、レイカーズの状況はシーズンが進むに連れて悪化している。

NBAオールスターブレイク後は2勝8敗と散々な成績にとどまっているレイカーズ。

もしレイカーズが勝利を狙いたいなら、ウェストブルックとレブロン・ジェイムスを分けて起用したほうが良いのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ジェイムスのプラスマイナスは、ウェストブルックと共にプレイしていない時がマイナス5である一方で、ウェストブルックと共にプレイしている時はマイナス87に落ちているという。

この数字だけで判断するなら、ジェイムスとウェストブルックを同時に起用する理由はないだろう。

レイカーズは試合序盤に大量失点を喫するケースが多いが、これはジェイムスとウェストブルックが共にスターターとしてプレイしているからなのかもしれない。

いずれにせよ、レイカーズが何かしらを変化させなければならないのは間違いなさそうだ。

なお、NBAオールスターブレイク後のジェイムスとウェストブルックのスタッツは以下の通りとなっている。

L・ジェイムスR・ウェストブルック
出場試合数910
平均出場時間37.432.9
平均得点32.816.2
平均リバウンド9.35.8
平均アシスト5.04.4
平均スティール0.60.6
平均ブロックショット1.40.3
平均ターンオーバー4.72.7
FG成功率52.5%40.8%
3P成功率40.0%8.7%
フリースロー成功率82.6%67.9%
+/--7.2-3.1

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA