【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニーに興味を持っていたNBA3チームとは?

カーメロ・アンソニーに興味を持っていたNBA3チームとは?

元NBAオールスターフォワードのカーメロ・アンソニーは、このオフシーズン中にロサンゼルス・レイカーズと契約した。

FAになったアンソニーには複数のNBAチームが関心を示していたというが、そのチームをアンソニーが明かした模様。

アンソニーによると、レイカーズの他、フィラデルフィア・セブンティシクサーズとニューオーリンズ・ペリカンズ、ニューヨーク・ニックスがアンソニーに興味を持っていたという。アンソニーのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

正直なところ、(ポートランド・トレイルブレイザーズからのオファーは)期待していなかった。

ポートランドが何か悪いことをしたわけではないよ。

だが、僕は待っていたんだ。

忠誠心のある人間だからね。

デイミアン・リラードやCJ・マッコラム、その他の皆と離れたくなかった。

だが、これはビジネスなんだ。

ニューヨークのことはいつも考えていた。

息子が高校に入学した時、僕は息子にそこにいると伝えていた。

フィリーとは話をする機会がなかったが、興味を持ってくれていた。

ニューオーリンズも興味を持っていた。

18~20カ月前は誰も僕に興味を持ってくれなかったのに、チームが僕に興味を持ってくれたことをまた実感できて良かったよ。

アンソニーはポートランド・トレイルブレイザーズとの再契約を望み、オファーを待っていたというが、ブレイザーズがアンソニーにオファーを出すことはなかった。

その結果、盟友レブロン・ジェイムス率いるレイカーズと契約することになったわけだが、長いNBAキャリアを通して一度もタイトルを獲得したことがないアンソニーにとって、来季が千載一遇のチャンスとなるのは間違いない。

シクサーズとペリカンズ、ニックスと契約しなかったのは、レイカーズが最もNBAタイトル獲得を期待できるチームだったからだろう。

果たしてアンソニーはレイカーズの一員として悲願のNBAタイトルを勝ち取ることができるだろうか?

なお、アンソニーの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数691191
平均出場時間24.535.0
平均得点13.4
(キャリアワーストタイ)
23.0
平均リバウンド3.1
(キャリアワースト)
6.3
平均アシスト1.52.8
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー0.92.5
FG成功率42.1%44.7%
3P成功率40.9%
(キャリアハイ)
35.3%
フリースロー成功率89.0%
(キャリアハイ)
81.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA