【スポンサーリンク】

クリス・ポールがロバート・サーバー問題について「無関心ではない」

クリス・ポールがロバート・サーバー問題について「無関心ではない」

フェニックス・サンズのオーナーを務めるロバート・サーバーは先日、人種差別発言や女性蔑視など問題行為を続けていると報じられた。

ESPNの記者が70人以上におよぶサンズの元スタッフと現スタッフにインタビューし、証言をとったというが、これを受け、NBAは法律事務所に調査を以来。

現在は調査の結果を待っている段階だ。

そんな中、NBAオールスターポイントガードのクリス・ポールがこの問題に言及した模様。

ポールによると、詳細な情報は持っておらず、NBAの調査結果を待っているという。ポールのコメントをRealGMが伝えている。

ブック(デビン・ブッカー)が言ったように、僕たちはあらゆることに対して無関心ではないと思う。

だが、詳細を完全に知っているわけでもない。

NBAが調査をしているし、その間はプレイし続け、やるべきことをやっていくだけだ。

ESPNがリリースした告発記事の中には、サンズの元ヘッドコーチであるアール・ワトソンのインタビューも含まれている。

サーバーはワトソンがインタビューに応じたことを受け、「ワトソンは我々の組織にプロらしくない、有害な雰囲気を作り出した。彼は明らかに信頼できる情報源ではない」と糾弾。

だが、少なくともサンズのエースはワトソンを支持しているのかもしれない。

ブッカーはワトソンが信用できる人間かどうか質問されると、こう答えたという。

ああ、彼は僕の仲間だ。

ポールはロサンゼルス・クリッパーズに所属していた当時に、ドナルド・スターリング問題を経験した。

サンズでも同じような状況に置かれることになってしまったが、もしNBAの調査によってESPNの告発記事が事実であることが判明すれば、厳しく対処することになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA