【スポンサーリンク】

ドック・リバースがジョエル・エンビードとアンドレ・ドラモンドの同時起用を検討?

ドック・リバースがジョエル・エンビードとアンドレ・ドラモンドの同時起用を検討?

NBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビード擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、現在15勝14敗と勝率5割以上を辛うじてキープしている。

だが、今のシクサーズがNBAタイトルを獲得するのは難しく、何かしらの改善策が必要だろう。

そのひとつが、エンビードとアンドレ・ドラモンドを同時起用するビッグラインアップなのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、エンビードとドラモンドの同時期用についてはトレーニングキャンプの時から取り組んでいることであり、実際に実戦導入を検討していることを指揮官のドック・リバースHCが明かしたという。

近年のNBAではスモールラインアップが主流となっており、特にアウトサイドシュートがないビッグマンの出場機会は減少傾向にある。

リバースHCの戦略はまさに時代の流れに逆らっている言えそうだが、クリーブランド・キャバリアーズはジャレット・アレンとエバン・モブリー、ラウリ・マルカネンを同時起用するビッグラインアップで成功しており、リバースHCはキャブスの形を思い描いているのかもしれない。

だが、ドラモンドは機動力に劣るビッグマンであり、ゴールデンステイト・ウォリアーズのようなスモールラインアップのチームに対抗するのは難しいだろう。

また、エンビードも膝に問題を抱えており、活動量が増えることによる膝への負担が懸念されるところだ。

果たしてリバースHCは本当にビッグラインアップを取り入れるのだろうか?

なお、今季のエンビードとドラモンドのスタッツは以下の通りとなっている。

J・エンビードA・ドラモンド
出場試合数1828
平均出場時間33.119.9
平均得点23.86.1
(キャリアワースト)
平均リバウンド11.09.5
平均アシスト4.2
(キャリアハイ)
1.9
平均スティール1.1
(キャリアハイ)
1.0
平均ブロックショット1.3
(キャリアワーストタイ)
1.1
(キャリアワーストタイ)
平均ターンオーバー2.61.7
FG成功率43.9%
(キャリアワースト)
49.6%
3P成功率37.1%0%
フリースロー成功率79.8%56.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA