【スポンサーリンク】

ポール・ピアースが2008年NBAファイナルのおもらし疑惑を否定

ポール・ピアースが2008年NBAファイナルのおもらし疑惑を否定

ポール・ピアースはNBA史に名を残した偉大な元NBA選手のひとりだ。

だが、ピアースが残したのは美しいレガシーだけでない。

2008年のNBAファイナル第1戦で、ピアースは足を痛めたことにより車椅子に乗ってロッカールームに下がった。

だが、実際は足を痛めておらず元気に復帰すると、セルティックスを勝利に導くパフォーマンスを見せた。

しかし、ロッカールームに下がる前のポールのパンツにはかすかに茶色いシミのようなものが見られたため、「ピアースは足を痛めてロッカールームに下がったのではない」、「ピアースはおもらししてしまったのでは?」との憶測が広がった。

その後ピアースは足を痛めておらず、「トイレに行きたかっただけ」と明かしたものの、おもらしについては否定した模様。

larrybrownsports.comによると、ピアースは先日、おもらし疑惑について以下のように説明したという。

もしパンツにもらしてしまっていたなら、車椅子に座る意味はないよね。

もしそうなら、僕は歩いてまっすぐトイレに向かっていただろう。

なぜ車椅子に座るんだ?

もらしていたなら座る必要はないよね。

意味がないことだ。

もしもらしていた場合、車椅子に座ることによってシミが広がってしまう恐れがある。

だが、車椅子に座ることにはシミを隠せるというメリットもある。

真実はピアースのみが知るところだが、ピアースがおもらし疑惑をいくら否定したとしても、おもらし疑惑はおもらし疑惑として語り続けられるだろう。

なお、この年のセルティックスはコービー・ブライアント擁するロサンゼルス・レイカーズを下し、悲願のNBAチャンピオンに輝いた。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    じゃあ何でお前は車椅子乗ってんねんってツッコミと、じゃあ何でいきなり茶色いシミができんねんって話
    さらに言うとトイレに行きたかったって自分が発言してるくせに、車椅子に自分で乗って拒否してないって言う矛盾
    アホやこいつ笑

*

CAPTCHA