【スポンサーリンク】

セス・カリーが去就について「クレイジーなビジネスだから」

セス・カリーが去就について「クレイジーなビジネスだから」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのセス・カリーは、NBAを代表するシューターのひとりだ。

トバイアス・ハリスやジョエル・エンビードが離脱中はシクサーズを牽引し、ここまでキャリアベストのパフォーマンスを見せているカリー。

そのカリーが自身の去就に言及した模様。

シクサーズでの未来について質問されたカリーは、以下のように答えたという。talkbasket.netが伝えている。

フィラデルフィアがホームになると良いね。

だが、ダラスにいた時も長くいるものと思っていた。

だから、どうなるかは誰にも分からない。

これはクレイジーなビジネスだからね。

物事はすごいスピードで変わっていくんだ。

ひとりの選手としては、同じ場所に長くいたい。

今はすごくフィットしているよ。

僕はフィリーのエネルギーが大好きなんだ。

どうなるか見てみよう。

カリーの契約はNBA2022-23シーズンまで残っている。

シクサーズはベン・シモンズ不在の今もNBAプレイオフレベルのチームであり、シクサーズがカリーをすぐにトレードで放出することはないだろう。

むしろ、カリーが今のパフォーマンスを続けることができれば再契約をオファーするに違いない。

果たしてカリーはこれから長くシクサーズのユニフォームを着てプレイすることができるだろうか?

なお、カリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数15328
平均出場時間33.323.9
平均得点15.7
(キャリアハイ)
10.7
平均リバウンド3.3
(キャリアハイ)
2.1
平均アシスト2.7
(キャリアハイタイ)
2.0
平均スティール0.70.7
平均ターンオーバー1.71.0
FG成功率51.5%
(キャリアハイ)
47.6%
3P成功率44.3%44.4%
フリースロー成功率93.5%
(キャリアハイ)
85.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA