【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「アンソニー・デイビスはソフトではない」

カーメロ・アンソニー「アンソニー・デイビスはソフトではない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスタービッグマン、アンソニー・デイビスは、先日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦の序盤で胃腸の不調を訴え、コートを去った。

デイビスの胃腸は万全ではなく、現地8日に行われたシャーロット・ホーネッツ戦第3Qと第4Qの間にロッカールームに下がり、嘔吐したという。

これらを受け、「デイビスはソフト」という声もあがっているというが、カーメロ・アンソニーがそれらの声に反論した模様。

アンソニーはデイビスについて次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

彼には多くのことが求められている。

彼はこのチームのリーダーのひとりだ。

彼が嘔吐したことは知らなかった。

それでも彼はコートに戻ってきて、チームが勝利するのを助けてくれたんだ。

アスリートのことになると、さまざまな物語が作り上げられ、それに固執しようとするよね。

彼がソフトではないことを僕は分かっている。

彼がタフであることを僕は分かっている。

彼はプレイできる状態ならプレイするだろう。

それが重要なことなんだ。

デイビスはホーネッツ戦で32得点、12リバウンド、4アシスト、3スティール、5ブロックショットを記録し、レイカーズを勝利に導いた。

ジェイムス不在の間はリーダーとしてチームを牽引する働きが求められるだろうが、デイビスにはあらゆるプレッシャーを跳ね除け、レイカーズを勝利に導き続けてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA