【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスのトレード希望報道はフェイク?

レブロン・ジェイムスのトレード希望報道はフェイク?

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターフォワード、レブロン・ジェイムスは先日、古巣のクリーブランド・キャバリアーズへのトレードに関心を持っていると報じられた。

レイカーズが厳しい戦いを強いられている一方で、キャブスはNBAプレイオフ進出が期待できるパフォーマンスを見せているため、ジェイムスがキャブスの躍進を喜んでいるのは間違いないだろう。

だが、それだけでキャブスへのトレードを希望するのだろうか?

larrybrownsports.comによると、番組に出演したThe Athleticのシャムス・キャラニア記者が、ジェイムスのキャブスへのトレード希望報道は完全にフェイクであり、ジェイムスのエージェントであるリッチ・ポールから、「レブロンはどこにも行かない」と直接言われたことを明かしたという。

キャラニア記者はジェイムス陣営を親しくしているため、ジェイムスのキャブスへのトレード希望報道がフェイクなのは間違いないだろう。

キャブスファンにとっては残念な知らせかもしれないが、レイカーズファンは胸をなでおろして良さそうだ。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数201330
平均出場時間37.038.2
平均得点26.427.0
平均リバウンド6.67.4
平均アシスト6.67.4
平均スティール1.71.6
平均ブロックショット1.00.8
平均ターンオーバー3.63.5
FG成功率51.0%50.4%
3P成功率34.9%34.5%
フリースロー成功率77.2%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA