【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ「バブルではまったく眠れなかった」

ポール・ジョージ「バブルではまったく眠れなかった」

ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージは、インディアナ・ペイサーズ時代にNBAプレイオフでレギュラーシーズン以上のパフォーマンスを見せていたことから、自身のことを「プレイオフP」と呼んでいた。

だが、バブル内で開催された2020年のNBAプレイオフでは十分なパフォーマンスを見せることができず、NBAファンはジョージを「パンデミックP」と揶揄。

しかし、ジョージがバブルでレギュラーシーズン以上のパフォーマンスを見せることができなかったのは、コンディションの問題だったのかもしれない。

元チームメイトであるサージ・イバカの料理番組にゲスト出演したジョージは、バブル内の生活について次のように語ったという。ahnfiredigital.comが伝えている。

1週間半か2週間くらいはまったく眠れなかった。

嘘ではないよ。

ベッドで横にはなった。

だが、意識がずっと巡っていたんだ。

バブルはNBA関係者以外立ち入ることができず、選手たちはしばらく家族とさえ会えない時間を強いられていた。

ジョージとカワイ・レナード擁するクリッパーズはNBAプレイオフ・ファーストラウンドでルカ・ドンチッチ率いるダラス・マーベリックスに勝利。

だが、カンファレンスセミファイナルではジャマール・マレーとニコラ・ヨキッチ擁するデンバー・ナゲッツ相手に3勝1敗とカンファレンスファイナル進出に王手をかけたものの、まさかの逆転負けを喫してしまった。

もはや過去のことではあるが、ジョージには「プレイオフP」の異名を取り戻すべく、NBAプレイオフでクリッパーズを勝利に導く働きを期待したいところだ。

なお、ジョージが今季中に復帰できるか否かについては、まだ明らかになっていない。

ジョージの2019-20レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数4813
平均出場時間29.636.8
平均得点21.520.2
平均リバウンド5.76.1
平均アシスト3.93.8
平均スティール1.41.5
平均ターンオーバー2.63.1
FG成功率43.9%39.8%
3P成功率41.2%33.3%
フリースロー成功率87.6%90.9%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    というかシーズン中現役選手が番組なんかやってるのかw

*

CAPTCHA