【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHCがNBAファイナル第3戦で犯したミスとは?

スティーブ・カーHCがNBAファイナル第3戦で犯したミスとは?

ゴールデンステイト・ウォリアーズはNBAファイナル第4戦を制し、シリーズを2勝2敗のタイに戻した。

この日はNBAオールスターのステフィン・カリーが7本の3ポイントを含む43得点と大暴れ。

だが、ウォリアーズで最高のプラスマイナスを記録したのは、センターのケボン・ルーニーだった。

第3戦は出場時間約17分にとどまったルーニーは、第4戦で約28分プレイ。

ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCによると、第3戦でルーニーに十分な出場時間を与えなかったのはカーHCのミスだったという。カーHCのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

彼は我々にとってかけがえのない存在だ。

彼はすべての試合に出場しているし、我々は彼を頼りにしている。

僕は第3戦で彼に十分な出場時間を与えなかった。

僕のミスだ。

ロバート・ウィリアムスとアル・ホーフォードを擁するセルティックスに対し、ウォリアーズはインサイドが弱点になっている。

ルーニーはウォリアーズにおいて数少ないビッグマンのひとりであり、残りのシリーズではルーニーの活躍も鍵のひとつとなるだろう。

なお、ルーニーのNBAファイナルのスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦
出場時間25:1621:2216:4928:10
得点41266
リバウンド97711
アシスト5232
スティール0301
ブロック3101
TO2033
FG成功率25.0%
(1/4)
100%
(6/6)
75.0%
(3/4)
75.0%
(3/4)
FT成功率100%
(2/2)
+/--2+24-7+21

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA