【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがMVP投票ゼロで終える

カイリー・アービングがMVP投票ゼロで終える

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

NBA史上最もスキルがある選手とも称えられ、クリーブランド・キャバリアーズ時代にはレブロン・ジェイムスとともにチームをフランチャイズ初となるNBAチャンピオンに導いたアービング。

だが、今季も復帰後はスーパースターにふさわしいパフォーマンスを見せたものの、MVP投票はゼロに終わってしまった。

larrybrownsports.comによると、NBAオールスターに6度以上選出され、かつNBAキャリアを通してMVP投票がゼロなのは、NBA史上アービングとパウ・ガソルのみだという。

アービングは今季、レギュラーシーズン29試合の出場にとどまった。

それが影響しているのは間違いないだろうが、アービングはNBA75周年記念チームからも除外されるなど、不遇の時間を過ごしている。

とはいえ、アービングほどのスーパースターがNBAキャリアを通してMVP投票を1票も獲得したことがないのは驚きだ。

フルでプレイできるであろう来季、アービングにはNBA史上最も偉大な選手のひとりであることを証明し、ネッツをNBAチャンピオンに導く働きを期待したい。

なお、アービングの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数29611
平均出場時間37.634.0
平均得点27.423.1
平均リバウンド4.43.8
平均アシスト5.85.7
平均スティール1.41.3
平均ターンオーバー2.52.6
FG成功率46.9%47.0%
3P成功率41.8%39.3%
フリースロー成功率91.5%88.2%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    へー
    BOS時代に単独エースとリーダーやってたから、その時に貰ってると思ってた

  2. By 匿名

    パウ・ガソルは納得いくのか…MEMの頃一票も入ってないとは驚き

*

CAPTCHA