【スポンサーリンク】

デイビッド・フィッツデールAC「ラッセル・ウェストブルックは速く動きすぎている」

デイビッド・フィッツデールAC「ラッセル・ウェストブルックは速く動きすぎている」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターポイントガード、ラッセル・ウェストブルックは、ここ3試合で平均24.0得点、8.7リバウンド、5.7アシスト、1.7スティールと素晴らしいスタッツを残している。

だが、平均ターンオーバーは6.0と、ミスも少なくない。

今季のNBAで最もターンオーバーを記録しているウェストブルックだが、なぜこれほどミスを連発してしまうのだろうか?

アシスタントコーチのデイビッド・フィッツデールによると、ウェストブルックはチームメイトたちの相次ぐ離脱を受けて責任を感じており、コート上で急ぎすぎてしまっているという。フィッツデールACのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ここ数試合では多くの選手が離脱したり戻ってきたりしている。

だから彼は「チームを救わなければならない」と強く考えるようになったんじゃないかな。

彼は速く動きすぎたり、まだ準備ができていないのにプレスに行こうとしたりしている。

我々はこういったことに対処しようとしている。

素晴らしいフィルムセッションができた。

選手たちはすごくオープンに話してくれたし、受け入れてくれた。

我々は繋げることについて話をしたんだ。

ウェストブルックはアグレッシブなプレイが持ち味であり、ターンオーバーが増えるのは仕方のないことなのかもしれない。

とはいえ、不用意なターンオーバーは相手に流れを与えてしまうことがある。

ここ最近はトレードの噂が聞こえ始めてきたウェストブルックは、果たしてここから立て直すことができるのだろうか?

なお、今季のNBAの合計ターンオーバーと平均ターンオーバーのランキングワースト10は以下の通りとなっている。

順位選手名所属合計TOV
1ラッセル・ウェストブルックLAL153
2ジェイムス・ハーデンBKN130
3トレイ・ヤングATL118
4ジュリアス・ランドルNYK113
5ダリアス・ガーランドCLE112
6ポール・ジョージLAC109
7カール・アンソニー・タウンズMIN105
8ステフィン・カリーGSW102
9カイル・ラウリーMIA98
10ブラッドリー・ビールWAS96
10ルカ・ドンチッチDAL96
順位選手名所属平均TOV
1ジェイムス・ハーデンBKN5.0
2ラッセル・ウェストブルックLAL4.6
ルカ・ドンチッチDAL4.6
4ポール・ジョージLAC4.2
5トレイ・ヤングATL4.1
6ケビン・ポーターJrHOU4.0
7ケイド・カニングハムDET3.8
8ダリアス・ガーランドCLE3.7
9レブロン・ジェイムスLAL3.6
10ジュリアス・ランドルNYK3.5
カール・アンソニー・タウンズMIN3.5
ニコラ・ヨキッチDEN3.5

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA