【スポンサーリンク】

ドウェイン・ウェイド「最も難しいのはオープンショット」

ドウェイン・ウェイド「最も難しいのはオープンショット」

バスケットボールにはさまざまな種類のシュートがある。

ステップバックやフェイダウェイ、ランニングフローターといったシュートは難易度が高く、習得するのは簡単ではないだろう。

では、バスケットボールにおいて最も難しいのはどんなシュートなのだろうか?

元NBAスターのドウェイン・ウェイドによると、最も難しいのは「オープンショット」だという。ウェイドのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(最も難しいのは)オープンショットだ。

僕個人としては、シュートにコンテストされるのが好き。

なぜなら、コンテストされるとどれくらいのアーチで撃てば良いのか分かるし、集中力も少し増すからね。

オープンショットは考えすぎてしまうんだ。

コンテストされるよりオープンショットのほうが難しいと感じているNBA選手は、おそらく少なくないだろう。

ゴールデンステイト・ウォリアーズがかつてトニー・アレンに故意にオープンショットを撃たせる戦略を採用したことから、シュートにとって最も重要な要素のひとつはメンタルなのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA