【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール「レブロン・ジェイムスは僕の大好きな選手だった」

ロンゾ・ボール「レブロン・ジェイムスは僕の大好きな選手だった」

2017年のNBAドラフト2位でロサンゼルス・レイカーズに入団したロンゾ・ボールには、チームの未来を担う選手に成長することが期待されていた。

だが、レイカーズで実績を残すことができず、2019年夏のトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに移籍。

レイカーズでの時間はわずか2年で終わってしまったわけだが、ボールによると、今もレイカーズの一員としてプレイしたことを誇りに思っているという。

ボールはレイカーズ、および1年間ともにプレイしたレブロン・ジェイムスについて、次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

ホームチームでプレイすること。

レイカーズファンとして育ち、あらゆる偉大な選手たちを見て、そしてそのジャージーを着ることができたのは、素晴らしいことだった。

彼(ジェイムス)は僕の大好きな選手だった。

だから、彼と一緒にコートに立ったこと、彼から学んだことは、僕の人生において二度と取り戻せない時間だ。

これからも当たり前のこととして振り返らないだろう。

ボールはレイカーズからトレードされた後に目覚ましく成長し、課題としていたシュートも顕著に改善した。

残念ながら昨季は怪我の影響でシーズンの大半を欠場し、今も復帰の目処は立っていないというが、復帰後はブルズをNBAプレイオフ進出に導くパフォーマンスを見せ、レイカーズ時代を上回る記憶にしてもらいたいところだ。

なお、ボールの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数35252
平均出場時間34.632.5
平均得点13.011.9
平均リバウンド5.45.7
平均アシスト5.1
(キャリアワースト)
6.2
平均スティール1.8
(キャリアハイ)
1.6
平均ターンオーバー2.32.5
FG成功率42.3%
(キャリアハイ)
40.0%
3P成功率42.3%
(キャリアハイ)
36.4%
フリースロー成功率75.0%57.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA