【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「昨季の僕たちは不運だった」

アレックス・カルーソ「昨季の僕たちは不運だった」

昨季序盤のシカゴ・ブルズは、素晴らしい戦いを見せていた。

NBAオールスターのザック・ラビーン、NBAオールスターに返り咲いたデマー・デローザン、さらにロンゾ・ボールやアレックス・カルーソを中心とし、一時はイースタン・カンファレンス首位に立ったブルズ。

だが、主力選手たちの負傷離脱後に急激に調子を落とすと、NBAプレイオフには進出したものの、ファーストラウンドでミルウォーキー・バックスに完敗を喫した。

カルーソによると、怪我の影響がチーム全体に及び、選手たちに負担がかかってしまったという。カルーソのコメントをBasketball Newsが伝えている。

昨季の僕たちは怪我があり、少し不運だった。

怪我は助けにならない。

昨季序盤の僕たちはイースト首位だったと思う。

ディフェンシブレーティングはすごく良かったし、オフェンス面でもボールを回す、オープンショットをクリエイトするなど、必要なことはすべてやった。

すると、逆境に見舞われてしまった。

ゲームのある部分が少し手に負えなくなってしまったんだ。

昨季はパトリック・ウィリアムス、ボール、カルーソ、ラビーンと主力選手たちが長期離脱を強いられた。

ボールに関してはまだ復帰の目処が立っていないというが、このオフシーズン中にベテランポイントガードのゴーラン・ドラギッチを獲得したため、ガードのポジションに厚みはある。

来季のブルズが怪我による逆境に見舞われず、安定したロスターでNBAチャンピオンを目指せるよう祈りたいところだ。

なお、カルーソの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数41225
平均出場時間28.020.6
平均得点7.46.2
平均リバウンド3.6
(キャリアハイ)
2.5
平均アシスト4.0
(キャリアハイ)
2.7
平均スティール1.7
(キャリアハイ)
1.1
平均ターンオーバー1.41.2
FG成功率39.8%
(キャリアワースト)
42.2%
3P成功率33.3%36.6%
フリースロー成功率79.5%73.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA