【スポンサーリンク】

ロニー・ウォーカーがトレードの噂について「僕にコントロールできることではない」

ロニー・ウォーカーがトレードの噂について「僕にコントロールできることではない」

NBAスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するロサンゼルス・レイカーズは、現在5勝11敗、ウェスタン・カンファレンス14位にとどまっている。

レイカーズはオフシーズン中に契約した選手たちの多くがトレード可能になる現地12月15日まで様子見し、状況が改善されないようならトレードでロスターを調整すると噂されている。

そんな中、レイカーズを牽引するパフォーマンスを見せているロニー・ウォーカーが、トレードの噂に言及した模様。

ウォーカーによると、自分にコントロールできないことに気を取られるのではなく、目の前の試合に集中すべきだという。ウォーカーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

自分にコントロールできないことはコントロールできない。

それを理解すべきだ。

その他のすべては神の手に委ねられている。

僕はバスケットボール選手だ。

ニュース記事を書くためにここにいるわけではない。

僕はGMではない。

ここに来て自分の仕事をし、家に帰り、後からここに戻ってきてシュート練習をする。

僕はバスケットボールだけに専念している。

バスケットボールの外のことは僕の責任ではないし、僕にコントロールできることではない。

だから、外野のことに影響されるべきではない。

僕はそういった余計なことに首を突っ込まないようにしている。

なぜなら、エネルギーを余計に消費してしまうからね。

レイカーズではほとんどの選手がトレードの対象になっているが、おそらくウォーカーをトレード要員にすることはないだろう。

昨季のマリク・モンクのようにレイカーズにとって数少ない光となっているウォーカーには、レイカーズをますます牽引する働きを期待したいところだ。

なお、ウォーカーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数14222
平均出場時間31.521.1
平均得点16.99.9
平均リバウンド2.12.3
平均アシスト1.91.6
平均スティール0.90.6
平均ターンオーバー1.20.9
FG成功率47.1%41.9%
3P成功率34.7%34.3%
フリースロー成功率83.7%78.6%

【スポンサーリンク】

コメントを残す