【スポンサーリンク】

ジャ・モラントが今季のNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー投票に「ジャレン・ブルックスと書く」

ジャ・モラントが今季のNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー投票に「ジャレン・ブルックスと書く」

NBAオールスターガードのジャ・モラント擁するメンフィス・グリズリーズは、現地18日に強豪クリーブランド・キャバリアーズとの接戦を制し、連勝を11に伸ばした。

今季のグリズリーズはタフなディフェンスを展開しており、平均110.5失点はウェスタン・カンファレンスでロサンゼルス・クリッパーズに次ぐ2位だ。

その大きな要因は今季のNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー最有力候補に挙がっているジャレン・ジャクソンJrだろうが、キャブス戦ではディロン・ブルックスも躍動した。

commercialappeal.comによると、モラントは今季のNBAディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーはジャクソンJrとブルックスが同時受賞すべきだが、票にひとりしか書けないなら「ジャレン・ブルックスと書く」とジョークを飛ばしたという。

NBAチャンピオンを勝ち取るためにはタフなディフェンスが不可欠だ。

グリズリーズはオフェンスはもちろんディフェンスもNBAトップクレベルであり、強いハートとエネルギーもあるすべてを備えたNBAチームのように見えるが、果たして悲願のNBAタイトルを獲得することはできるのだろうか?

なお、今季のウェスタン・カンファレンスの平均失点ランキングは以下の通りとなっている。

順位チーム平均得点平均失点
1ロサンゼルス・クリッパーズ109.2110.5
2メンフィス・グリズリーズ117.511.7
3フェニックス・サンズ112.7112.2
4ポートランド・トレイルブレイザーズ112.9112.6
5ダラス・マーベリックス112.9112.7
6デンバー・ナゲッツ117.3113.2
7ニューオーリンズ・ペリカンズ116.6113.5
8ミネソタ・ティンバーウルブズ115.4115.8
オクラホマシティ・サンダー117.0115.8
10ユタ・ジャズ117.8116.6
11サクラメント・キングス119.9116.9
12ヒューストン・ロケッツ109.8117.6
13ゴールデンステイト・ウォリアーズ117.6118.0
ロサンゼルス・レイカーズ116.9118.0
15サンアントニオ・スパーズ112.5121.2

【スポンサーリンク】

コメントを残す