【スポンサーリンク】

エリック・ゴードンがロケッツに若手たち苦言「互いのためにプレイしないと」

エリック・ゴードンがロケッツに若手たち苦言「互いのためにプレイしないと」

若手中心に再建中のヒューストン・ロケッツは現在3連敗中、ウェスタン・カンファレンス最下位に沈んでいる。

現地12月31日に行われたニューヨーク・ニックス戦は20点差で敗れるなど、再建期脱却の兆しが感じられないロケッツ。

ベテランのエリック・ゴードンも、ロケッツの現状に不満を持っているのかもしれない。

ゴードンはニックスに敗れた後、ロケッツに若手たちに対して以下のように苦言を呈したという。hoopsrumors.comが伝えている。

ずっと同じことをやっている。

僕たちにミスを犯す余裕はない。

それぞれが互いのためにプレイしなければならない。

チームメイトたちのために正しいことをやれ。

そうすれば、もっと楽しくなるだろう。

もっと勝利のチャンスを手にできるだろう。

ロケッツの選手たちはニックス戦で精彩を欠き、チームで25ターンオーバーを記録してしまった。

NBAチャンピオンを求めるゴードンにとって、受け入れ難い結果だったと言えるだろう。

だが、ロケッツのフロントオフィスは今年のNBAドラフトでビクター・ウェンバニャマを獲得すべく、今の成績に満足しているのかもしれない。

ゴードンにはトレードの噂が出ているが、この状況が続いた場合、ゴードンの不満は爆発するに違いない。

なお、ゴードンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数30779
平均出場時間29.632.3
平均得点11.2
(キャリアワースト)
16.2
平均リバウンド2.02.4
平均アシスト2.42.8
平均スティール0.60.8
平均ターンオーバー1.82.0
FG成功率40.8%42.8%
3P成功率34.4%37.0%
フリースロー成功率81.5%81.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す