【スポンサーリンク】

復帰戦で再負傷のドノバン・ミッチェル「困惑している」

復帰戦で再負傷のドノバン・ミッチェル「困惑している」

クリーブランド・キャバリアーズのNBAオールスターガード、ドノバン・ミッチェルが、現地1月24日のニューヨーク・ニックス戦で復帰した。

ミッチェルは股関節の怪我により3試合連続で欠場。

その間のキャブスは1勝2敗と調子を落としてただけに、ミッチェルの復帰とともにギアを上げたかったところだろう。

だが、ミッチェルはニックス戦の最後のポゼッションで同じ部位を再び怪我をしてしまい、現地25日の練習参加は見合わせたという。

ミッチェルは怪我について次のようにコメント。cleveland.comが伝えている。

ダンクを狙いにいった時に両足が痙攣し、股関節が張り、動かなくなってしまった。

これらが同時に起こった。

(試合序盤は)少し違和感を感じたが、終盤はまったく問題なかった。

どうなるか見てみよう。

前と同じ怪我だと思う。

これからどうするかは分からない。

ただ困惑している。

十分に復帰できる状態だった。

最後の5秒でこんなことになるなんて、本当に腹が立つ。

問題ないことを祈るだけだ。

今季のミッチェルはNBAキャリアベストとなる平均28.3得点を記録。

ミッチェルがしばらく離脱するか否かは分からないが、もし離脱するならダリアス・ガーランドに大きな負担がかかるだろう。

なお、キャブスは現地2月9日のトレード期限までにウィングポジションの強化に動く可能性があると噂されている。

ミッチェルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数41386
平均出場時間36.234.0
平均得点28.3
(キャリアハイ)
24.3
平均リバウンド4.04.1
平均アシスト4.84.5
平均スティール1.5
(キャリアハイタイ)
1.3
平均ターンオーバー2.92.8
FG成功率48.1%
(キャリアハイ)
44.5%
3P成功率39.6%
(キャリアハイ)
36.5%
フリースロー成功率86.9%
(キャリアハイ)
83.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す