【スポンサーリンク】

クリス・ポールは引退後NBAチームのオーナーに転身?

クリス・ポールは引退後NBAチームのオーナーに転身?

フェニックス・サンズのベテランポイントガード、クリス・ポールは、37歳の今もNBAトップレベルのパフォーマンスを維持している。

だが、NBAキャリアが終わりに近づいているのは間違いない。

では、所属するチームを引き上げてきたポールは、NBAキャリアを終えた後に何をするのだろうか?

fadeawayworld.netによると、ポールは先日、ゴールドマンサックス10000スモールビジネス・サミットでのインタビューで「NBAキャリアを終えた後に成し遂げたいことは?」と質問されると、「(NBAチームの)オーナーシップグループの一員になりたい」と明かしたという。

“バナナボートクルー”のひとりであるドウェイン・ウェイドは、ユタ・ジャズのオーナーシップグループに加わった。

レブロン・ジェイムスも現役引退後にNBAチームのオーナーになることを目標としており、ラスベガスにNBAチームが誕生する場合、ジェイムスがオーナーのひとりとして関わる可能性があると噂されている。

ジェイムスとポールがタッグを組んでオーナーになる可能性も否定できないが、もし彼らがラスベガスのNBAチームのオーナーシップグループに加われば、ラスベガスのファンは歓喜するに違いない。

NBA選手として偉大な実績を残してきたバナナボートクルーのメンバーたちが、NBAチームのオーナーとしても偉大な実績を残すことを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA