【スポンサーリンク】

スペンサー・ディンウィディが古巣ウィザーズを再び痛烈批判「彼らにとって試合はショーケース」

スペンサー・ディンウィディが古巣ウィザーズを再び痛烈批判「彼らにとって試合はショーケース」

NBAキャリア9年目のスペンサー・ディンウィディは昨季中のトレードでワシントン・ウィザーズからダラス・マーベリックスに移籍した後、ウィザーズのロッカールームについて「僕はロッカールームで意見を言ったが、あまり受け入れてもらえなかった」とし、リーダーとしての役割を求められていなかったことを明かした。

その後、「僕がワシントンを非難したことは一度もない」と釈明したものの、ウィザーズに対して悪い感情を持っているのは間違いないのかもしれない。

ディンウィディは現地24日にウィザーズに敗れた後、次のように指摘したという。hoopsrumors.comが伝えている。

彼らにとって(試合は)ショーケースだ。

彼らは金をもらうためにいるだけであり、勝つためのバスケットボールをプレイしていない。

本物の展望を持ち、MVP選手がいるチームは昨季、カンファレンスファイナルに進出したんだ。

もちろんカイル・クーズマが黙っているはずもない。

30得点を記録して勝利に貢献したクーズマはディンウィディの発言を受け、SNSを通して次のようにコメントした。

おもしろいのは、彼ら(マブス)が勝つためのバスケットボールをプレイしていないということだ。

ディンウィディがなぜウィザーズを批判したのか分からない。

だが、古巣に敗れたことに相当悔しい思いをしたのは間違いないだろう。

ディンウィディには古巣の粗探しではなく、マブスを改善するための方法を探してもらいたいところだ。

なお、ウィザーズ戦のディンウィディのスタッツは以下の通りとなっている。

ウィザーズ戦
出場時間34:41
得点20
リバウンド1
アシスト8
スティール0
ブロックショット0
ターンオーバー2
FG成功率40.0%
(6/15)
3P成功率42.9%
(3/7)
フリースロー成功率100%
(5/5)
+/-+16

【スポンサーリンク】

コメントを残す