【スポンサーリンク】

ポール・ジョージがラッセル・ウェストブルックに対するヘイトについて「理解できない」

ポール・ジョージがラッセル・ウェストブルックに対するヘイトについて「理解できない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAスター、ラッセル・ウェストブルックは、現地20日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦でFG11本中0本に終わった。

ウェストブルックには早くも批判が集まっているというが、オクラホマシティ・サンダー時代のチームメイトであり、親友でもあるポール・ジョージがウェストブルックを擁護した模様。

ジョージによると、ウェストブルックはスペシャルなNBA選手ではあるものの、ウェストブルックにレイカーズは合っていないという。ジョージのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕はいつだってラッセルの大きなサポーターだ。

彼と過ごしたオクラホマでの素晴らしい時間が壊れることはない。

彼は僕のキャリアにおいてすごく大きな存在だった。

正直言うと、彼に対する陰口やヘイト、そういったものが僕には理解できない。

彼はこのゲーム史上最高の選手のひとりだ。

ここでの彼へのプレッシャーはものすごくきつい。

正直に言うが、彼ら(レイカーズ)のロスターを見ると、彼のためになるようなチームではない。

彼がチームの鍵を握っていた時は、すごく簡単に30得点、10リバウンド、10アシストを記録していた。

それを忘れてはならない。

彼にはあの喜び、興奮、楽しさを持ち続けてほしい。

それが彼をスペシャルな存在にする。

それがないように思えるのは残念だ。

最終的に彼が成功することを願っている。

この日のウェストブルックはシュートの自信を失ったのか、ワイドオープンでもシュートを躊躇した場面が見られた。

レイカーズは2月の期限までウェストブルックのトレードを模索し続けると噂されている。

だが、ウェストブルックをプレッシャーから解放し、NBAキャリアを取り戻させるためにも、レイカーズはトレードを急いだほうが良いのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA