【スポンサーリンク】

カイル・クーズマがレイカーズ時代の役割の変化について明かす

カイル・クーズマがレイカーズ時代の役割の変化について明かす

ロサンゼルス・レイカーズの一員としてNBAデビューしたカイル・クーズマは、チームの未来を担うであろう若手有望株だった。

NBAキャリア2年目の2018-19シーズンはレブロン・ジェイムスに次ぐ平均得点を記録するなど、ますますの成長が期待されていたクーズマ。

だが、アンソニー・デイビスが加わるとクーズマの役割は減少してしまった。

クーズマによると、役割が減少したのはチームの勝利のためだったという。

ドレイモンド・グリーンのポッドキャストにゲスト出演したクーズマは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

平均的なファンは神を見る。

紙はすべてのストーリーを教えてくれない。

チャンピオンになるためにはケミストリーとフィットが最も重要だ。

分かるかい?

チームにオールスターが4人いると、紙の上では「何ということだ。彼らはチャンピオンになる」と見える。

だが、どうしたらそんなことが分かるんだ?

加わった3番目、4番目のオールスターが4番目のオプションのようにプレイすることを望むのか?

僕は勝つためのバスケットボールをプレイする。

求められればどんな役割でも受け入れる。

なぜなら、僕はレブロン・ジェイムスのチームにいたのだからね。

そのようなチームに身を置き、彼のような男を見ると、彼に倣おうとする。

基準がすごく高くなるんだ。

それに勝利をものすごく求めている仲間をがっかりさせたくない。

自分もそのチームの一員になりたいと思うものさ。

デイビスが加わった後、クーズマにはジェイムスとデイビスに並び、ビッグ3の一角を担う選手になることが期待されていた。

だが、ジェイムスとデイビスの存在はあまりに大きく、安定したパフォーマンスを見せることができなかったクーズマには批判が集まった。

クーズマは残念ながらレイカーズにとどまることができなかったが、ジェイムスやデイビスのような偉大な選手とともにプレイし、NBAタイトルを勝ち取ったことは大きな経験になったに違いない。

なお、デイビスが加わる前の2018-19シーズンとデイビスが加わった後の2019-20シーズンのクーズマのスタッツは以下の通りとなっている。

2018-192019-20
出場試合数7061
平均出場時間33.125.0
平均得点18.712.8
平均リバウンド5.54.5
平均アシスト2.51.3
平均スティール0.60.5
平均ターンオーバー1.91.5
FG成功率45.6%43.6%
3P成功率30.3%31.6%
フリースロー成功率75.2%73.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA