【スポンサーリンク】

レイカーズが今もジャズとトレード交渉か?

レイカーズが今もジャズとトレード交渉か?

NBAタイトル奪還を目指すロサンゼルス・レイカーズは現地16日、ベテランポイントガードのデニス・シュルーダーと契約したことを発表した。

だが、レイカーズの動きはまだ終わっていないのかもしれない。

clutchpoints.comによると、レイカーズはジョーダン・クラークソン、ボヤン・ボグダノビッチ、マリク・ビーズリーを求め、ジャズとトレード交渉を続けているという。

NBAオールスターのドノバン・ミッチェルがトレードでクリーブランド・キャバリアーズに移籍する前、レイカーズ、ジャズ、ニューヨーク・ニックス、シャーロット・ホーネッツは4チーム間トレードを交渉していたと噂されている。

レイカーズはボグダノビッチとテリー・ロジール獲得を狙って交渉していたというが、このトレードが実現することはなかった。

果たして今回のトレード交渉は実現するのだろうか?

なお、ジャズは少なくともNBAドラフト1巡目指名権1つをトレードに含めることを要求していると見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA