【スポンサーリンク】

ヒートがジョン・コリンズを求めてホークスとトレード交渉か?

ヒートがジョン・コリンズを求めてホークスとトレード交渉か?

マイアミ・ヒートは現地2月9日のトレード期限までにロスターを調整すると見られている。

ヒートは4番のポジションの強化を必要としており、これまでフェニックス・サンズのジェイ・クラウダーなどが獲得候補として挙がっていたが、本命はアトランタ・ホークスのジョン・コリンズなのかもしれない。

heavy.comによると、ヒートはコリンズ獲得を求め、ホークスとトレード交渉したという。

ヒートがトレード要員としてオファーしたと見られるのは、ダンカン・ロビンソンとケイレブ・マーティンだ。

昨年夏にPJ・タッカーを失ったヒートは、マーティンを先発4番のポジションに抜擢。

マーティンはNBAキャリアベストのパフォーマンスを見せているものの、サイズ不足は否めない。

NBA屈指の身体能力を誇るコリンズを獲得できれば、4番のポジションの問題は解消されるだろう。

とはいえ、バム・アデバヨとの相性が懸念されるところだ。

なお、ヒートはポイントガードのポジションのアップグレードも検討しており、ミネソタ・ティンバーウルブズのディアンジェロ・ラッセルに関心を持っていると報じられている。

果たしてこれらのトレードは実現するのだろうか?

【スポンサーリンク】

コメントを残す