【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「僕たちにミスする余地はない」

レブロン・ジェイムス「僕たちにミスする余地はない」

ロサンゼルス・レイカーズは現地18日にサクラメント・キングスに敗れ、今季の成績を20勝25敗とした。

ここ最近は僅差で敗れることが多く、なかなか勝率5割に近づくことができずにいるレイカーズ。

だが、先日のヒューストン・ロケッツ戦でのチームのターンオーバーはわずか2、キングス戦のターンオーバーは6と、課題としていたターンオーバーの問題は改善しつつある。

NBAオールスターのレブロン・ジェイムスによると、レイカーズはこのままミスを抑えながらプレイしなければならないという。

ジェイムスはキングスに敗れた後、レイカーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕たちはミスをする余地がゼロのチームだ。

今夜の僕たちはかなり良いゲームをしたと思う。

ターンオーバーはわずか7だった。

2試合で9ターンオーバーだ。

素晴らしい。

僕たちはここ数試合のプレイを続けなければならない。

ミスのないバスケットボールをプレイするんだ。

ジェイムスは会見中に何度も「ミスをしないことが重要」と繰り返したという。

レイカーズは安定して勝つことができていないものの、近いうちにオースティン・リーブス、ロニー・ウォーカー、アンソニー・デイビスが復帰する見込みだ。

レイカーズがミスのないバスケットボールを続け、さらに主力選手たちが復帰すれば、5連勝した時の勢いを取り戻すに違いない。

なお、キングス戦のジェイムスのスタッツは以下の通りとなっている。

キングス戦
出場時間36:50
得点32
リバウンド8
アシスト9
スティール1
ブロックショット1
ターンオーバー1
FG成功率44.0%
(11/25)
3P成功率22.2%
(2/9)
フリースロー成功率88.9%
(8/9)
+/--16

【スポンサーリンク】

コメントを残す