【スポンサーリンク】

ステフォン・マーブリー「ケビン・デュラントはマイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントと同じ領域」

NBA史上最も偉大なプレイヤー”GOAT”を議論するうえで頻繁に出てくる名前は、マイケル・ジョーダン、レブロン・ジェイムス、コービー・ブライアントだ。

昨年夏にブルックリン・ネッツに移籍したケビン・デュラントはNBA屈指のプレイヤーであるが、GOAT議論にリストアップされることはほとんどない。

だが、元NBAプレイヤーであり、中国で大成功を収めたステフォン・マーブリーによると、デュラントはジョーダンやコービーの領域にいるという。

マーブリーはデュラントについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ケビン・デュラントのような男は見たことない。

彼の大学最初の試合を見た時のことを覚えているよ。

僕は弟に電話し、「ここにケビン・デュラントという名の男がいる。彼は1年生だ。すくにNBAに行くだろう。今すぐにでも行ける」と伝えたら、弟は「チェックしてみないとね。チェックしてみるよ」と言っていた。

そして「彼はとんでもなくすごいね。クレイジーだ」と驚いていたんだ。

あのサイズであのボールハンドリングの男は見たことがない。

まるでポイントガードのスキルだ。

クロスオーバーからヘジテーションまで、彼はすべてをこなせる。

彼を際立たせているのは、シュートがあるということだ。

遠い距離でも撃てるから、ピック&ロールで下がることができない。

プレイの理解度と性能は間違いなく彼ら(ジョーダンとブライアント)の領域にあると思うよ。

デュラントはサイズだけでくウィングスパンもあり、センタープレイヤー相手にリバウンドを奪うこともできる。

ディフェンスも素晴らしく、欠点があるとすればこれまで何度か大きな怪我をしたということだろうか?

今から数年後、デュラントがどう評価されているのか楽しみにしたい。

なお、デュラントのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
出場試合数849
平均出場時間36.9
平均得点27.0
平均リバウンド7.1
平均アシスト4.1
平均スティール1.1
平均ブロックショット1.1
平均ターンオーバー3.1
FG成功率49.3%
3P成功率38.1%
フリースロー成功率88.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA