【スポンサーリンク】

ギルバート・アリーナス「スティーブ・ブレイクにパンチされた」

ギルバート・アリーナス「スティーブ・ブレイクにパンチされた」

元NBAプレイヤーのスティーブ・ブレイクは、2003年のNBAドラフト38位でワシントン・ウィザーズに入団した。

ブレイクは激しい闘争心を持つプレイヤーとしても知られており、数々のNBAプレイヤーたちとタフなバトルを繰り広げたが、ギルバート・アリーナスもブレイクの洗礼を受けたようだ。

ゴールデンステイト・ウォリアーズからウィザーズに移籍してすぐ、アリーナスはブレイクと練習中に喧嘩し、パンチを見舞われたという。

アリーナスは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

練習での出来事だった。

僕がスティーブ・ブレイクにエルボーを見舞うと、彼は僕に向かって腕を振り回してきたんだ。

僕は「ちょっと待てよ。マジか?ホワイトボーイが僕に向かってパンチするのか?それがここのやり方なのか?」という感じだったよ。

僕たちはフロアに転がり、レスリングのような状態になった。

そして練習は終わった。

彼は「ヘイ、リーガルシーフードに食べに行かないか?」と言ってきた。

僕は「何のためにそんなことを言っているんだ?そんなふうに僕に話しかけないでくれ」という感じだったのだが、彼は「リーガルシーフードに行くぞ。僕に奢らせてくれ。あの件は終わりだ」と返してきたんだ。

それがコートの外での彼さ。

コートの上では別人になるんだ。

一緒にリーガルシーフードに行き、プレイについて話をした。

パンチのことは話さなかったし、喧嘩したことも話さなかったよ。

SNSが浸透した今であれば、ブレイクのパンチはまたたく間に拡散され、批判を浴びていただろう。

だが、SNSがなかった当時のNBAはこういったことが頻繁にあり、喧嘩で絆を深めることも多々あったのかもしれない。

いずれにせよ、アリーナスにとっては強烈な出来事だっただけに、彼は永遠に語り継ぐことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA