【スポンサーリンク】

ジョー・イングルスがポール・ジョージとのライバル関係について「少し古い」

ジョー・イングルスがポール・ジョージとのライバル関係について「少し古い」

ユタ・ジャズのジョー・イングルスとロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージは、これまで何度も激しいバトルを繰り広げている。

ジョージがオクラホマシティ・サンダーに所属していた2018年のNBAプレイオフで、イングルスとジョージは激しいバトルを展開。

イングルスは執拗にジョージを煽り、メンタルを攻め続けたわけだが、イングルスによると、ジョージとビーフを繰り広げる関係はもう終わっているという。

イングルスはジョージとの関係について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

ポール・ジョージ対ジョー・イングルスという構図は、僕の中では少し古いことなんだ。

今はジャズ対クリッパーズさ。

僕個人としては、彼との1対1として見ていない。

あれは3年前のことだ。

僕の双子の子供たちは当時、あのことについてほとんど話すことができなかった。

だが、今はとんでもなくうんざりさせられているよ。

2018年のNBAプレイオフではファーストラウンドで対戦し、ジャズが4勝2敗で勝利。

当時のジョージはシリーズ第5戦まで素晴らしいパフォーマンスを見せたものの、絶対に負けられない第6戦ではわずか5得点、FG成功率12.5%(2/16)、3P成功率0%(0/6)に終わった。

ジョージにとってイングルスは鬼門のような存在であり、イングルスは残りのシリーズでもジョージを苦しめ続けるだろう。

なお、ジョージのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間37:0043:36
得点2027
リバウンド1010
アシスト26
スティール00
ブロックショット00
ターンオーバー24
FG成功率23.5%
(4/17)
44.4%
(8/18)
3P成功率37.5%
(3/8)
33.3%
(2/6)
フリースロー成功率90.0%
(9/10)
100%
(9/9)
+/--3-12

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA