【スポンサーリンク】

ラバー・ボール「ルーキー・オブ・ザ・イヤーはラメロ・ボールはリアンジェロ・ボール」

今年のNBAドラフト3位でシャーロット・ホーネッツに入団したラメロ・ボールは、NBA2020-21シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤー有力候補のひとりだ。

NBAシーズンはまだ開幕していないが、ドラフト1位選手であるミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エドワーズ、ドラフト2位選手であるゴールデンステイト・ウォリアーズのジェイムス・ワイズマンとルーキー・オブ・ザ・イヤーを争うことになるだろう。

だが、ラメロ・ボールの父ラバー・ボールによると、NBA2020-21シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーは三男ラメロ・ボールと次男リアンジェロ・ボールが争うことになるという。

ラバー・ボールはNBA2020-21シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーについて次のように大胆予想。fadeawayworld.netが伝えている。

ラメロ・ボールがルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞するだろう。

もし彼が受賞しないなら、それはNBAチームがジェロ(リアンジェロ・ボール)を獲得した時のみだ。

彼(リアンジェロ・ボール)は平均27得点を記録するだろうね。

彼にプレイさせろ。

彼は常にスコアラーだし、サイズがあるし、丈夫だ。

両足使えるが、片足でも相手を圧倒してきた。

彼は弟にルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲らせないだろう。

リアンジェロ・ボールはこのオフシーズン中にデトロイト・ピストンズとエグジビット10契約を結んだ。

つまり、2ウェイ契約を手にし、NBAデビューを果たすチャンスがあったわけだが、残念ながらウェイブされてしまったため、来季もGリーグでプレイすることになるだろう。

とはいえ、ラバー・ボールの次男推しはシーズンを通して続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    BBB(バカで・分裂症の・ボール父)

*

CAPTCHA