【スポンサーリンク】

ペリカンズがブラッドリー・ビールのトレード獲得を狙う?

ペリカンズがブラッドリー・ビールのトレード獲得を狙う?

ニューオーリンズ・ペリカンズは2019年NBAドラフト1位選手のザイオン・ウィリアムソンやNBAオールスターのブランドン・イングラムなど有望な選手たちを擁しているにもかかわらず、現地1月31日の時点で7勝11敗、ウェスタン・カンファレンス14位と厳しい状況を強いられている。

これに伴い、ロスターの再編が噂されているが、ペリカンズが最も求めているのはNBA屈指のスコアラーであるブラッドリー・ビールなのかもしれない。

Bleacher Reportによると、オフェンスの改善を必要としているペリカンズはビールのトレード獲得を狙っているという。

ビールにはペリカンズ以外にも多くのNBAチームが興味を持っており、トレードパッケージを用意しているというが、現時点でウィザーズがトレードに応じる兆候は見られていない。

ビールのエージェントもビール側からトレードを要求することはないとしており、少なくとも今季はウィザーズでプレイするだろう。

とはいえ、ウィリアムソン、イングラム、ビールという超強力なオフェンスラインアップを見たいと思っているNBAファンは少なくないかもしれない。

なお、ペリカンズはロンゾ・ボール、JJ・レディック、エリック・ブレッドソーのトレードを計画していると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA