【スポンサーリンク】

NBAスタンダード契約を勝ち取る可能性がある2ウェイ契約8選手

NBAスタンダード契約を勝ち取る可能性がある2ウェイ契約8選手

NBAは今季に限り、2ウェイ契約の選手の出場試合数の上限を50試合に引き上げた。

2ウェイ契約中の選手たちにとって出場試合数の上限引き上げはNBA選手として経験と実績を積む大きなチャンスになるだろう。

各NBAチームは彼らをロスターに残す場合、2ウェイ契約をスタンダード契約に変更しなければならないが、早くも結果を残している2ウェイ契約の選手たちもいる。

hoopsrumors.comによると、以下に挙げる2ウェイ契約中の選手はスタンダード契約を勝ち取る可能性が特に高いという。

ジョーダン・マクラフリン(MIN)

今季がNBAキャリア2年目。

バックアップポイントガードとして実績を残しており、2ウェイ契約中の選手としては十分な出場時間を獲得している。

ミネソタ・ティンバーウルブズはオフシーズン中にマクラフリンに複数年契約をオファーしたというが、そのうち数年は非保証だったため、今季終了後にFAになるマクラフリンはより大きな契約を勝ち取るためオファーを断ったと報じられている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数1141
平均出場時間17.219.0
平均得点5.57.0
平均リバウンド2.24.1
平均アシスト4.11.0
平均スティール0.51.0
平均ターンオーバー1.048.1
FG成功率45.5%48.1%
3P成功率37.5%38.0%
フリースロー成功率80.0%68.2%

ギャリソン・マシューズ(WAS)

昨季に続き、今季もワシントン・ウィザーズと2ウェイ契約。

今季のウィザーズは多くの選手が離脱を余儀なくされたこともあり、マシューズは十分な出場時間を得ている。

ただし、ウィザーズのロスターにはスタンダード契約の選手がすでに15人登録されているため、ウィザーズがスタンダード契約の選手をウェイブやトレードしてロスターに空きを設けない限り、マシューズがスタンダード契約を勝ち取るのは難しい。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数1028
平均出場時間19.715.1
平均得点8.96.7
平均リバウンド2.21.6
平均アシスト0.80.6
平均スティール1.40.8
平均ターンオーバー0.20.4
FG成功率42.9%42.9%
3P成功率40.5%40.9%
フリースロー成功率88.9%90.2%

渡邊雄太(TOR)

今季序盤は十分な出場時間を得ることができずにいたが、コートに出た際に素晴らしいパフォーマンスを見せ、トロント・ラプターズのローテーションに定着しつつある。

アレックス・レンを放出したことにより、ラプターズのロスターには空きがある。

もし3月のトレード期限までにロスターが埋まらなければ、渡辺がスタンダード契約を勝ち取る可能性は高い。

少なくともそれまでは実績を残し続けたいところだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数1447
平均出場時間12.79.7
平均得点3.92.7
平均リバウンド3.42.1
平均アシスト0.40.4
平均スティール0.50.3
平均ターンオーバー0.50.3
FG成功率37.8%36.2%
3P成功率48.0%34.7%
フリースロー成功率100%69.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA