【スポンサーリンク】

ザイオン・ウィリアムソン「ポイントガードとしてのプレイに違和感はない」

ザイオン・ウィリアムソン「ポイントガードとしてのプレイに違和感はない」

2019年のNBAドラフト1位選手であるザイオン・ウィリアムソンは、現地9日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズでポイントガードとしてプレイした。

ニューオーリンズ・ペリカンズを指揮するスタン・バン・ガンディHCによると、ロンゾ・ボールとニッケル・アレクサンダー・ウォーカーが欠場することを受け、ウィリアムソンをポイントガードのポジションでもプレイさせることを決めていたという。

ウィリアムソンはバン・ガンディHCの期待に応えるかのように、NBAタイトルコンテンダーのシクサーズ相手に37得点、15リバウンド、8アシストを記録し、ポイントガードはもちろんオールラウンダーの可能性を確信させた。

ウィリアムソン自身もポイントガードのポジションで快適にプレイできたという。

ウィリアムソンはシクサーズ戦を振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

僕は4歳の頃からこのゲームをプレイしている。

今の時点では(ポイントガードのポジションでプレイすることに)違和感はない。

まだ学んでいるところだが、自然に感じたんだ

バン・ガンディHCもポイントガードとしてのウィリアムソンに可能性を感じ、成長させることを計画している模様。

バン・ガンディHCによると、ウィリアムソンの可能性を広げるためにポイントガードの経験も積ませるという。

もっと彼にその経験を積ませたい。

なぜなら、このゲームにおいて彼の未来はそこにあると思っているからね。

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポはNBAキャリア序盤にポイントガードとしてプレイし、能力を最大限高めてきた。

ウィリアムソンもアンテトクンポやレブロン・ジェイムスのようにNBA屈指のオールラウンダーとなり、NBAを牽引していくことになるだろう。

なお、ウィリアムソンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数4771
平均出場時間32.731.1
平均得点26.525.2
平均リバウンド7.16.8
平均アシスト3.63.1
平均スティール0.90.8
平均ターンオーバー2.52.5
FG成功率61.7%60.6%
3P成功率36.0%38.5%
フリースロー成功率70.6%68.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA