【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「チャンピオンは言い訳しない」

アレックス・カルーソ「チャンピオンは言い訳しない」

昨季NBA王者のロサンゼルス・レイカーズは今季、苦しい戦いを強いられている。

怪我やNBAの健康と安全プロトコルによる離脱、短いオフシーズン、ロスターの変更など、レイカーズが苦戦している理由はいくらでも挙げることができるだろう。

だが、アレックス・カルーソによると、そういったことを言い訳にすべきではないという。

カルーソは今季のレイカーズについて次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

他のチームメイトたちのことは言えないが、僕は自分たちの能力を知ることが重要だと思う。

昨季の中心選手は今季もいるし、AD(アンソニー・デイビス)とブロン(レブロン・ジェイムス)がいれば、どんなチームが相手でも勝つチャンスはある。

それが僕たちに自信をもたらしてくれる。

フランク(・ボーゲル)も素晴らしい仕事をしてくれているよ。

彼は僕たちに「トンネルの先には光がある」と言ってくれているんだ。

今季の僕たちは、あらゆる言い訳ができる。

怪我があった。

検査で陽性が出て離脱した。

オフシーズンが短かった。

あらゆる言い訳がある。

だが、チャンピオンは言い訳しないし、チャンピオンはそれを乗り越える方法を見つけるものさ。

だから僕たちは戦おうとしている。

このチームには素晴らしいリーダーたちがいるし、フロントオフィスとコーチングスタッフには素晴らしいリーダーシップがあるんだ。

カルーソによると、昨季NBAチャンピオンになれたことが自信につながっているという。

レブロン・ジェイムスとデニス・シュルーダーはまだ離脱中であるものの、レイカーズは現在3連勝中と調子を上げてきている。

主力不在で結果を残すことができているのは、NBA連覇を目指すレイカーズにとって好材料と言えるだろう。

ジェイムスとデイビス、シュルーダーが復帰するレイカーズは、NBA連覇に向けてさらにギアを上げるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA