【スポンサーリンク】

スコット・ブルックスHCがブラッドリー・ビールの離脱期間について「長くはないと思う」

スコット・ブルックスHCがブラッドリー・ビールの離脱期間について「長くはないと思う」

ワシントン・ウィザーズのNBAオールスターガード、ブラッドリー・ビールは、現地10日に行われたフェニックス・サンズ戦を欠場した。

ビールが背中の張りを訴えたためだ。

ビールはウィザーズにおいて最も重要な選手であり、彼の離脱はウィザーズの成績に悪影響を及ぼすだろう。

だが、今回の怪我が長期離脱に繋がる可能性は低いようだ。

ウィザーズを指揮するスコット・ブルックスHCによると、ビールの離脱期間は長くならない見込みだという。ブルックスHCのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

(離脱期間は)長くはないと思う。

今日と明日は休み、ユタ(・ジャズ)戦で復帰する。

それが望みだ。

ビールは先日、腰の状態について「挫傷より少し悪いんだ。神経にも少し問題がある。毎日症状を抑え、痛みから逃れている。いくつかを乗り越え、我慢して動けるようになればなと思うよ」、「腫れと炎症が神経を圧迫し、先週から足に激痛を感じている。毎日様子を見る状況であり、可能な限り神経を落ち着かせようとしているところさ。」と説明した。

だが、背中の痛みについては腰の神経とは関係ないという。

いずれにせよ、NBA屈指のスコアラーであるビールには健康を完全に取り戻してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA