【スポンサーリンク】

レフェリーがカイリー・アービングとデニス・シュルーダーの退場理由を説明

レフェリーがカイリー・アービングとデニス・シュルーダーの退場理由を説明

現地10日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対ブルックリン・ネッツ戦でデニス・シュルーダーとカイリー・アービングが口論を繰り広げ、2度のテクニカルファウルで退場を余強いられた。

シュルーダーはテクニカルファウルの理由は知らされていないとし、オフィシャルのジャッジに不満を漏らしたが、退場の理由を知りたいと思っているNBAファンは少なくないだろう。

そんな中、チームオフィシャルのザック・ザーバがアービングとシュルーダーの退場理由について説明した模様。

ザーバによると、シュルーダーが退場処分となったアービングに手を振ったため、2度目のテクニカルファウルをコールしたという。ザーバのインタビューをlarrybrownsports.comが伝えている。

ザック、君は最初のダブルテクニカルファウルをコールしたよね。デニスとカイリーの間で何があったんだい?

シュルーダーとアービングは鼻と鼻を突き合わせ、互いに挑発的な言葉を放ち、我々は彼らを引き離さなければならなかった。

私が彼らを引き離し、ダブルテクニカルファウルをコールした。

2度目のテクニカルファウルに我々は少し困惑している。タイラー(・フォード)はカイリーにコールし、ジェイソン(・ゴールデンバーグ)はシュルーダーにコールした。何が起こっていたんだい?

1度目のテクニカルファウルの後、彼らは離れるように警告された。

アービングはシュルーダーに対して叫び続けていた。

そして2度目のテクニカルファウルをコールされ、退場処分となった。

アービングに退場が命じられた後、映像を見てもらいたいが、シュルーダーは彼に対して「さよなら」と手を振っていた。

彼(ゴールデンバーグ)はそれを問題視し、2度目のテクニカルファウルをコールしたんだ。

シュルーダーは何も言っていないようだった。挑発行為と判断したの?

その通り。

シュルーダーの2度目のテクニカルファウルは、手を振ったから。

あれは挑発行為だ。

シュルーダーは試合後、オフィシャルのジャッジに納得できない様子を見せながらも、チームメイトたちに謝罪したことを明かした。

一方、アービングはメディアインタビューに応じなかったという。

遺恨を残す試合となってしまったが、アービングとシュルーダーにはNBAファイナルという最高の舞台で決着をつけてもらいたいところだ。

なお、この日のアービングとシュルーダーのスタッツは以下の通りとなっている。

K・アービングD・シュルーダー
出場時間20:4020:19
得点1819
リバウンド41
アシスト04
スティール00
ターンオーバー10
FG成功率54.5%
(6/11)
63.6%
(7/11)
3P成功率40.0%
(2/5)
75.0%
(3/4)
フリースロー成功率100%
(4/4)
100%
(2/2)
+/--3+16

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA