【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンがロケッツについて「スペシャルなことを成し遂げるチャンスがある」

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンには、今もトレードの噂が続いている。

ハーデンはオフシーズン中にロケッツにトレードを要求。

その後チームのトレーニングキャンプを無断欠席し、パーティーを楽しむなどした姿勢で批判を集めたが、ハーデンの心はロケッツ残留に傾きつつあるのかもしれない。

ロケッツがオーランド・マジックに42点差で快勝し、今季3勝目を挙げた後、ハーデンはこう話したという。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちにはやらなければならない仕事がたくさんある。

どのチームもそう感じているんじゃないかな。

僕たちには一緒にトレーニングする機会がほとんどなかった。

ケミストリーを見つけ続ける限り、コートでペースを見つけ続ける限り、僕たちにはスペシャルなことを成し遂げるチャンスがある。

現地8日のマジック戦は、エバン・フォーニエやアーロン・ゴードン、マーケル・フルツ、マイケル・カーター・ウィリアムスといった主力選手たちが不在だったため、ロケッツの勝利は予想されていた。

だが、42点差での大勝はロケッツに自信をもたらしただろう。

ロケッツが次に戦うのは、昨季NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズ。

ロケッツはNBA王者相手に堂々とした戦いを見せ、自信をさらに深めたいところだ。

これまでのところボール回しに注力し、アシストを量産しているハーデンには、ロケッツを勝利に導く働きを期待したい。

なお、ハーデンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数6839
平均出場時間36.834.3
平均得点27.025.2
平均リバウンド4.75.3
平均アシスト11.36.3
平均スティール1.01.6
平均ターンオーバー4.03.7
FG成功率45.7%44.3%
3P成功率37.9%36.4%
フリースロー成功率88.0%85.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA