【スポンサーリンク】

バックスがロバート・コビントンとPJ・タッカーのトレード獲得を狙う?

NBAタイトル獲得最有力候補だったものの、カンファレンスセミファイナルで敗退したミルウォーキー・バックスは、このオフシーズン中にロスターを再編成すると見られている。

その候補としてNBA屈指のディフェンダーであり、アウトサイドシュートを得意とする2人が挙がった模様。

clutchpoints.comによると、悲願のNBAタイトル獲得を目指すバックスは、ヒューストン・ロケッツとのトレードでロバート・コビントンとPJ・タッカーの獲得を狙うという。

コビントンとタッカーの契約額は決して高くなく、バックスは多くの資産を失うことなくコビントンとタッカーを獲得できる可能性がある。

現時点では先発ポイントガードのエリック・ブレッドソーをトレード要員にすると噂されているが、コビントンとタッカーを獲得できればバックスのディフェンスは相当強化されるだろう。

なお、タッカーはロケッツでの自身の役割とサラリーに不満を持っていると報じられている。

コビントンとタッカーの昨季のスタッツは以下の通りだ。

R・コビントンPJ・タッカー
出場試合数7072
平均出場時間30.534.3
平均得点12.46.9
平均リバウンド6.6
(キャリアハイ)
6.6
(キャリアハイ)
平均アシスト1.31.6
平均スティール1.61.1
平均ブロックショット1.30.5
平均ターンオーバー1.51.0
FG成功率42.2%41.5%
3P成功率33.5%35.8%
フリースロー成功率79.8%81.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA