【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「レイカーズはトレードでカイル・ラウリーを獲得すべきだった」

ケンドリック・パーキンス「レイカーズはトレードでカイル・ラウリーを獲得すべきだった」

NBA王者ロサンゼルス・レイカーズは、現地3月25日のトレード期限までに元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリー獲得を狙うと噂されていた。

ラウリーにはレイカーズの他、昨季NBAファイナリストのマイアミ・ヒートとラウリーのホームチームであるフィラデルフィア・セブンティシクサーズが興味を持ち、トレードオファーを出したというが、両チームともラプターズの要求に応じることができず、ラウリーはラプターズに残留することとなった。

だが、シクサーズはベテランガードのジョージ・ヒルを、ヒートは元NBAオールスターガードのビクター・オラディポを獲得。

一方のレイカーズはバイアウト市場でアンドレ・ドラモンドを獲得したものの、トレードでロスターを補強することはなかった。

元NBA選手のケンドリック・パーキンスは、トレード市場で動かなかったレイカーズに不満を持っている様子だ。

パーキンスによると、レイカーズは何を犠牲にしてでもラウリーを獲得すべきだったという。パーキンスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

レブロン・ジェイムスはクールだ。

彼の電話番号を知っているなら、彼抜きのレイカーズのプレイを見た後すぐに彼に電話し、彼がどれほどレイカーズを危惧しているか聞いてみてくれ。

なぜなら、僕はレイカーズのロールプレイヤーたちがステップアップしていないと感じているからね。

僕がレイカーズのフロントオフィスにいたなら、カイル・ラウリーをトレードで獲得しただろう。

何を犠牲にしたとしてもだ。

レイカーズはラウリーのトレード獲得を求め、ラプターズにオファーを出したものの、ラプターズはテイレン・ホートン・タッカーとのトレードを要求した。

だが、レイカーズはホートン・タッカーを重要な一員としてみなしており、ラプターズの要求に応じなかったという。

レイカーズは現地4日にロサンゼルス・クリッパーズに敗れ、順位をウェスタン・カンファレンス5位に落とした。

ウェスト7位のダラス・マーベリックスとはわずか3ゲーム差であり、この状況が続けばプレイイントーナメントを戦わなければならなくなってしまうかもしれない。

いずれにせよ、レイカーズの選手たちにはパーキンスの指摘をモチベーションに変え、ステップアップしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA